EZOCUP

チェーンソーアート
マスターズエキシビジョン

EZOCUPは、下川町で2011年に始まった日本最高峰のチェーンソーアート大会です。

大きな丸太がチェーンソーで刻まれていく様子は、まさに圧巻。豪快さと裏腹に、驚くほど繊細な表現に息をのみます。

トップアーティストたちが贅沢に時間をかけて作る、ここでしか味わえないアートショーをお見逃しなく。

PROGRAM

MAIN CARVING

太さ約50cm、長さ約4mの丸太から、4日間をかけて作品を削り出します。今大会の作品テーマは「ダウンサイズ」。生き物が巨大化したように錯覚する作品を会場内に飾ります。


7/6[木] 9:00~17:00 ※昼休憩あり
7/7[] 9:00~17:00   〃
7/8[] 開会式|8:00~8:30
9:00~17:00 ※昼休憩あり
7/9[] 9:00~12:00
※作品をイベント会場内に移設
表彰式・閉会式|14:30~15:00

QUICK CARVING

小さな作品を30分間で制作する早削りショーです。
制作した作品は来場した方にプレゼントします。


※プログラムは変更になることがあります

GUEST ARTIST

栗田 宏武

太田 和徳

佐藤 優則

北海道立 北の森づくり専門学院

旭川にキャンパスを置く国内最大の林業専門学校から、約30名の学生がEZOCUPに参加。

伐木実習、チェーンソーアート実習、地域交流活動を行います(写真ははじめてのチェーンソーアート「キノコ」制作の様子)。

北海道の森林・林業を担う学生たちの活動をご覧ください。

北の森づくり専門学院

林業機械試乗ブース(協力:下川町森林組合)

林業機械のハーベスタとフォワーダの試乗体験ができます!
普段は近くで見る機会の少ない林業機械に実際に乗って、操縦を体験してみませんか?

7/8(土)

7/9(日)

※1人10分程度 林業機械試乗ブースで受付をお願いします(事前申し込み不要/各回先着順/体験無料)

※未就学児の方は保護者同伴でお願いします。回数制限はありませんが、混雑状況により続けての試乗や複数回の試乗をご遠慮いただく場合がございます。

当日の様子を写真に撮らせていただく場合があります。撮影した写真は、資料、広報等に使用させていただく場合がございますので、掲載NGの方はお申し出ください。 

主催|EZOCUP実行委員会
01655-4-2511(下川町農林課)
s-ringyo@town.shimokawa.hokkaido.jp

共催|下川町